電子ピアノを習うときには

電子ピアノを全く弾いたことがない人へ、確実に上達していくためには様々な選択が必要になります。
電子ピアノを習うのではなく、自分で勉強していく場合には、長続きさせる工夫が必要です。

何もかも自分で進めていくので、挫折する確率が一番高い方法です。
大人向けの電子ピアノ教室でのグループレッスンや個人レッスンで電子ピアノを習うと、自分の弾きたい曲を弾かせてくれるので、上達がとても早いと言われています。
通う時間があれば、音楽教室に通うのが電子ピアノを弾けるようになる近道でしょう。

個人の電子ピアノ教室に通って習うことも出来ますが、その場合、先生によって練習方法に差が出てきます。
小さなお子さんがはじめて電子ピアノを習うときと同じテキストを使って始める先生もいれば、生徒の希望に沿ってレッスン内容を考えてくれる先生もいますので、自分に合った先生を選ぶことが大切です。

電子ピアノを習うときに使う教材について考えてみます。
全くの初心者には、バイエルを使うことが多いと思いますが、はっきり言って面白くはありません。
片手の曲や簡単な両手の曲があって、楽譜が読むことが出来るようになる教材です。

知っている曲でないので、大人の皆さんが弾きたいと感じるかは疑問です。
教材の1つでバイエルが入っているのは良いのですが、それだけだとつまらないので、先生に頼んで、自分の弾けるようになりたい曲を加えていただきましょう。

目標が出来ると電子ピアノのレッスンがとても楽しく進められますし、難しいと思っている曲でも、初心者用にアレンジしてある楽譜もありますので、先生に相談してみましょう。

電子ピアノの買取処分を考えるとき。

電子ピアノでピアノを習うことに不安を感じている人がいます。
ピアノの先生の立場から言えば、アコースティックピアノで弾いてもらいたいと思うことは当然です。

しかし、ピアノは簡単に購入できる楽器ではありません。

小型車1台購入するくらいの金額は覚悟しなければなりませんし、
ピアノを良い状態に維持するためにも年1回の調律が必要になります。

金額は1回20,000円位になります。

………………………………………………………………………………………………..
電子ピアノ処分サービス
処分費用8,400円で<期間限定>キャンペーン中!電子ピアノ引取り・処分サービス。
専門スタッフがお部屋から搬出・引取り。2階以上もOK。
【対応エリア】東京・神奈川・ 埼玉(一部)・千葉(一部) 【受付】 9:00-19:00 年中無休.
……………………………………………………………………………………………….

ピアノは管理をしていかなければなりませんが、
電子ピアノならそのような管理も必要ありませんし、
ピアノのように高額ではありません。

ピアノの習い始めに、電子ピアノを購入する人もたくさんいます。
電子ピアノは、キーボードと違って鍵盤の感覚がピアノと似ていますので、ピアノを習うと同時に購入を考えるようです。

電子ピアノにも木鍵のものと、プラスチックの鍵盤があり、
木鍵の電子ピアノはアコースティックピアノに近い感覚で弾くことが出来ますし、
プラスチックの鍵盤でもピアノに近づけています。

………………………………………………………………………………………………..
電子ピアノ買取サービス
電子ピアノ専門買取サービス
【無料出張査定】東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・群馬・茨城・静岡
【受付 9:00-19:00】エレクトーン引取・処分【年中無休】
………………………………………………………………………………………………..

しかし、よりピアノの感覚に近いものを求めるのなら、
木鍵の電子ピアノの方が良いでしょう。

木鍵の電子ピアノで習い続けるうちに、
アコースティックピアノに買い替えた方が良い時期がきます。

その頃には、どの程度まで上達したいか判断できると思いますので、
アコースティックピアノの購入をするべきか、
そのまま電子ピアノで習い続けるかを決められるでしょう。

発表会に出てみると、普段の練習をアコースティックピアノで行っているか、
電子ピアノで行っているかはっきり分かります。

先生は、その生徒さんが熱心に練習する人なら、なおさらピアノの購入を勧めるでしょう。

全く電子ピアノを習ったことのない人でも。

電子ピアノを習いたいと思っても、なかなか踏み出せずにいる方にお勧めのTV番組があります。

NHK趣味悠々「小原孝の楽しいクラシック電子ピアノ」という、全く電子ピアノを習ったことのない人や、長い間弾く機会のなかった人向けのレッスン番組です。

タイトルに「指1本からはじめる」とあるとおり、本当に指1本で弾き始めるのです。

先生はとても優しく詳しく教えてくれますし、生徒である俳優の西村雅彦さんは毎回とても楽しませてくれます。

本人はいたって真面目ですが、初めて電子ピアノを習うってこんな感じになるのだろうと思い知らされます。

でも、逆に電子ピアノをこれから始めてみたいと思っている人にとっては、
始めるきっかけになる番組となるでしょう。

生徒である、西村雅彦さんはそれほど飲み込みが早い方ではないので、
ゆっくりとしたペースで進んでいきますから、ついていけないという心配はありません。

また、小原孝先生は決して否定しない先生なので、明るくレッスンを続けていくことが出来ます。

この番組は、電子ピアノでクラシックが弾けるようにレッスンするので、
聞いたことのある、憧れの曲を弾くことが出来るようになります。

難しい曲ですが、はじめて電子ピアノを習う人にでも弾くことが出来るように、簡単に編曲してありますから、
不安に思うことはありません。

TVでレッスンすると、先生の指使いや、テクニック、曲の解釈など本格的に電子ピアノを習っている感覚になります。

テキストは1155円ととても低価格なので、気軽に始めることが出来ます。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.