電子ピアノを習うときには

電子ピアノを全く弾いたことがない人へ、確実に上達していくためには様々な選択が必要になります。
電子ピアノを習うのではなく、自分で勉強していく場合には、長続きさせる工夫が必要です。

何もかも自分で進めていくので、挫折する確率が一番高い方法です。
大人向けの電子ピアノ教室でのグループレッスンや個人レッスンで電子ピアノを習うと、自分の弾きたい曲を弾かせてくれるので、上達がとても早いと言われています。
通う時間があれば、音楽教室に通うのが電子ピアノを弾けるようになる近道でしょう。

個人の電子ピアノ教室に通って習うことも出来ますが、その場合、先生によって練習方法に差が出てきます。
小さなお子さんがはじめて電子ピアノを習うときと同じテキストを使って始める先生もいれば、生徒の希望に沿ってレッスン内容を考えてくれる先生もいますので、自分に合った先生を選ぶことが大切です。

電子ピアノを習うときに使う教材について考えてみます。
全くの初心者には、バイエルを使うことが多いと思いますが、はっきり言って面白くはありません。
片手の曲や簡単な両手の曲があって、楽譜が読むことが出来るようになる教材です。

知っている曲でないので、大人の皆さんが弾きたいと感じるかは疑問です。
教材の1つでバイエルが入っているのは良いのですが、それだけだとつまらないので、先生に頼んで、自分の弾けるようになりたい曲を加えていただきましょう。

目標が出来ると電子ピアノのレッスンがとても楽しく進められますし、難しいと思っている曲でも、初心者用にアレンジしてある楽譜もありますので、先生に相談してみましょう。

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.